大好きな食事もスムーズに!

大好きな食事もスムーズに!

私がコンタクトレンズに切り替えて改めて「良かった」と思ったのは食事の時です。

冬になると温かいラーメンや鍋を食べる事があります。

湯気と共に美味しそうな匂いがまた最高に食欲をそそる物です。

しかし眼鏡をかけていた私は、それどころではありませんでした。

眼鏡はとにかく湯気や湿気に弱い物です。

ラーメンを食べようと思い顔を近付けると、スグに曇ってしまいます。

ラーメンだけでは無く温かい汁物はほとんど曇ってしまいます。

早く食べないと冷めてしまうと判っていても、中々食べる事が出来ません。

これ程眼鏡を「邪魔」と思った瞬間は無かったのではないでしょうか。

食事以外でも困った事はまだまだありました。

雨の日などに出掛けると、湿気で曇ってしまう事があります。

特に夏のじめじめとした雨は、より一層眼鏡を曇らせてしまいます。

酷い時は前が見えなくなる程曇ってしまう事がありました。

以前私がまだ眼鏡を愛用していた頃、一度だけ高熱の風邪を引く事がありました。

丁度真冬でインフルエンザが流行っている時期でした。

朝起きてスグに病院へ行こうと思い、自転車で向かう事にしました。

念のためマスクを付けて家を出たのですが、散々な目に遭ってしまいました。

マスクを付ける事によって、眼鏡に温かい息がかかってしまいます。

ただでさえ高熱で目が霞んでいると言うのに、眼鏡まで曇ってしまっていました。

そのまま通行人の方にぶつかり、軽い怪我をする事になりました。

その時は軽い怪我で済んだ為、問題はありません。

しかし視界が悪くなると言うのは、とても危険な事だと知りました。

コンタクトレンズに切り替えてからは、そんな悩みも全くなくなりました。

食事をする時はもちろん曇る事はありません!

熱々のままラーメンや鍋を食べる事が出来ます。

雨の日も曇る事が絶対に無い為、安全に出掛ける事が出来ました。

コンタクトレンズに切り替えてから何年か経った頃、私は飲食店の厨房でアルバイトをする事になりました。

湯気がたくさん立ち上げる厨房の中で、眼鏡は邪魔になります。

コンタクトレンズに切り替えていなかったら、今でも悩んでいたのではないでしょうか。

もちろんカラーコンタクトレンズでも同じです。

眼鏡との大きな違いは目に直接コンタクトするという事なのではないでしょうか。

雨や湿度の高い場所も気にする事の無い毎日は、とても嬉しい事ばかりだと思いました。